人気ブログランキング |

もくもく家づくり

saimoku.exblog.jp
ブログトップ

TR鉄道跡地散策コースを歩きました♪

2/1の丹助岳の後に、TR鉄道散策コースへ行ってきました^^
その前に、旧高千穂鉄道の日之影温泉駅に寄ります。
日之影温泉駅には、高千穂鉄道の列車を改造した簡易宿泊施設があり、列車の中で泊まることができます^^
素泊まりなのですが、隣接の日之影温泉駅に温泉や食事処があるので十分楽しめそう♪
子鉄の息子は泊まりたくてたまらない様子(苦笑)またいつか、旧高千穂鉄道を走っているスーパーカートへ行く時に泊まってみたいと思います。

TR鉄道跡地散策コースを歩きました♪_d0177220_15042645.jpg
↑ 旧高千穂鉄道の列車を改造した、簡易宿泊施設

TR鉄道跡地散策コースを歩きました♪_d0177220_15042469.jpg



↑ 日之影温泉駅の横に宿泊施設があります。
TR鉄道跡地散策コースを歩きました♪_d0177220_15373038.jpg
↑ 日之影温泉駅の前にある足湯。以前はここがホームでした。

その後、森林セラピーコースのTR鉄道跡地散策コースがある、吾味駅へ。

TR鉄道跡地散策コースを歩きました♪_d0177220_15042426.jpg


↑ 森林セラピーコースの看板。

吾味駅7を出発すると、すぐに五ヶ瀬川第3橋梁があります。


TR鉄道跡地散策コースを歩きました♪_d0177220_15042454.jpg

↑ 川の真ん中を橋で渡ります^^

元は線路の橋を舗装して歩きやすくしており、川がとてもキレイだし開放的でとっても気持ちがいいです!


TR鉄道跡地散策コースを歩きました♪_d0177220_15042428.jpg

↑ 最後の方は橋の幅が狭くなっていて、スリル満点!

歩いて渡るのも気持ちが良かったですが、在りし日のトロッコ列車で渡ったら、さぞかし気持ちのいいことでしょう^^

その後はまだレールや所々にある枕木が敷かれたままの線路を歩きます。

TR鉄道跡地散策コースを歩きました♪_d0177220_15042527.jpg

↑ 線路の上を歩けるなんて、不思議です。

TR鉄道跡地散策コースを歩きました♪_d0177220_15042507.jpg

↑ 一つだけあるトンネルをくぐります。
TR鉄道跡地散策コースを歩きました♪_d0177220_15042510.jpg

↑ トンネルにはベンチが・・・

なんだか異世界に来たような雰囲気。
しかも、線路の上を歩いているし、まだまだ使えそうな線路なので列車が来ないか思わず振り返ります(苦笑)。
夜に列車が走っていたら怖いなぁ~・・・なんて(^^;)

しばらく森の中の線路を歩いていたら、急に開けて集落が見えてくると、線路の終わりが見えてきました。
TR鉄道跡地散策コースを歩きました♪_d0177220_15042514.jpg

↑ 唐突に線路が途中で終わっています。

TR鉄道跡地散策コースを歩きました♪_d0177220_15042569.jpg
↑ 日向八戸駅に到着。道路の部分が昔は線路があったみたいです。

森林セラピーはあと一駅分あり、吾味駅~日向八戸駅~槇峰駅までの3駅分を歩き、走行時間は約90分とのこと。(たぶん、往復の時間だと思います)

今回は夕方だったので、さわりだけ歩こうと言いつつ、ひと駅分歩いてしまいましたが、この森林セラピーコースは桜や菜の花が咲く時期に歩くのがピッタリだそうです^^

思った以上に廃線路を歩くのが楽しかったので、今度は全部歩いてみたいものです^^



by nonoshita


↓ ランキングに参加しています。クリックをお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 佐伯情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村

# by saikimokuzai | 2020-02-17 15:05 | 山登りのコト | Comments(0)

丹助岳(たんすけだけ)に登ってきました^^

2/1(土)に思い付きで宮崎県日之影町にある丹助岳へ登ることになりました。
相方調べによると、山頂近くの山小屋まで車で行けるので、そこから山頂までは30分とのこと。
それなら、ちょっと風邪気味なコドモズなので無理をさせないかなぁ~と思って自宅を出発。

佐伯市から日之影町までは東九州自動車道の延岡ICから北方延岡道路を通って行きます。全て無料区間なので助かります^^
北方延岡道路を終点まで行き、国道218号を走ってから(旧こんにゃく村)たかオートを右折し、山道をひたすら登ります。
すると、途中で展望台がありました。

丹助岳(たんすけだけ)に登ってきました^^_d0177220_11113556.jpg
↑ 日之影町は森林セラピーロードがたくさんあります。
丹助岳(たんすけだけ)に登ってきました^^_d0177220_11113532.jpg
↑ 矢筈岳(やはずだけ)と比叡山がよく見えます。

車をそのまま走らせ、丹助岳キャンプ村に到着しました。
丹助岳(たんすけだけ)に登ってきました^^_d0177220_11113509.jpg
↑ 立派な山小屋ですが、今は無人です。
丹助岳(たんすけだけ)に登ってきました^^_d0177220_11400608.jpg
↑ 中は広々しています。

部屋は三部屋あり、そのうち一部屋は
丹助岳(たんすけだけ)に登ってきました^^_d0177220_11113510.jpg
↑ 寒さをしのげる薪ストーブがありました。

山小屋を見学してから、登山口を出発!
丹助岳(たんすけだけ)に登ってきました^^_d0177220_11113594.jpg
↑ 登山口は2つあり、丹助岳をぐるっと回れます。
丹助岳(たんすけだけ)に登ってきました^^_d0177220_11410485.jpg
↑ 丹助岳周辺地図

登り始めは森林セラピーコースらしい、気持ちのいい登山道です。

丹助岳(たんすけだけ)に登ってきました^^_d0177220_11351256.jpg
↑ なだらかで段差がなく、気持ちがいいです。

こんな気持ちがいいコースなんて久しぶりだなぁ~とウキウキ♪
気温が低いですが、木漏れ日の中で子どもの足もとても軽かったのですが、途中で道を間違えこんな岩場に・・・

丹助岳(たんすけだけ)に登ってきました^^_d0177220_13192409.jpg
↑ 天狗岩との分岐。
丹助岳(たんすけだけ)に登ってきました^^_d0177220_11113605.jpg
↑ 体がハマる岩場。

大きな岩場が出たと思えば・・・

丹助岳(たんすけだけ)に登ってきました^^_d0177220_13251234.jpg
↑ いつのまにか天狗岩に!

避けていたはずの天狗岩にいつの間にか出てしまいました(^^;)

子どもとここにいるのは怖いので、天狗岩をすぐに下りて引き返し登山道に戻ります。
この先はザイルあり、濡れた岩場もありで、子どもと一緒ではちょっと難しく、やはり登山は登山だなぁ~と痛感。
くじゅうではザイルの体験なんてできないので、子どもにしっかりとレクチャーをします。

ザイルに全体重でしがみつくのはダメ。ザイルを持った時は体を岩場から離さないとうまく登れないよ。ザイルを持つときの視線の位置など・・・ザイルの使い方は慣れていないと大変です(^^;)
体の使いの指示を出す方もいい勉強になりました。

山頂直下はもの凄い岩場をザイルで登るコースと回って登るコースがあり、迷わず回るコース選択。
丹助岳(たんすけだけ)に登ってきました^^_d0177220_11113659.jpg
山頂へは1時間で到着!天狗岩も寄ったからでしょうが、普通に登っても30分ではとても辿り着けません(汗)。
丹助岳(たんすけだけ)に登ってきました^^_d0177220_11485299.jpg
↑ 丹助岳の山頂。
丹助岳(たんすけだけ)に登ってきました^^_d0177220_11503154.jpg
↑ 山頂からの眺めは最高です!

棚田が多いです。日之影町は棚田と石垣を推していましたよ^^

山頂は風が強かったので、窪地でご飯を食べて小休憩後は来た道とは違う、丹助岳のぐるっと周回コースを下ります。
このコースは急登を下るため、落ち葉でズルズルと滑り、途中からはザイルでいっぱい・・・
でも、子どもにザイルワークのレクチャーをしながら下りると、どんどん上手になっていました^^

その後は再びなだらかな登山道になります。
丹助岳(たんすけだけ)に登ってきました^^_d0177220_11503173.jpg

コチラのコースはそれほど難なく、進んで登山口に到着!

本日のお題をクリアできたので、今度は子どもの好きなところへ向かいます^^




その2に続きます。



by nonoshita


↓ ランキングに参加しています。クリックをお願います。


にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 佐伯情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村


<
# by saikimokuzai | 2020-02-04 13:23 | 山登りのコト | Comments(0)

2020年度内に・・・

昨年、豊肥本線が2020年度内に全線開通との報道がでました。
豊肥本線は現在阿蘇~肥後大津までの区間が不通となり、熊本~阿蘇の間を運行されていた『あそぼーい!』は週末にかけ、別府~阿蘇間に変更して運行されています。
たまに少しの区間だけ子ども達と『あそぼーい!』に乗って旅行気分を味わっていましたが、豊肥本線が復旧すると別府~阿蘇までの運行はなくなるでしょうから寂しくなりますね。
まぁ、あそぼーい!が運行しない平日に運行されていた九州横断特急が週末も走り出すのでしょうが・・・。

ということで、またどこかで『あそぼーい!』に乗って、阿蘇の旅を満喫したいと思います^^
2020年度内に・・・_d0177220_11170037.jpg
↑ 大分駅に停車する『あそぼーい!』
2020年度内に・・・_d0177220_11170137.jpg
↑ 追加料金で座れるパノラマシート
2020年度内に・・・_d0177220_11170006.jpg
↑ 遮るものが何もないパノラマシートの展望は見事です!

2020年度内に・・・_d0177220_11170065.jpg
↑ 親子席のの白いくろちゃんシート(親の料金のみで座れます)
2020年度内に・・・_d0177220_11170133.jpg
↑ 木のボールプールは子どもに大人気!
2020年度内に・・・_d0177220_11170098.jpg
↑ 車内で販売されているくろちゃん弁当♪

また、阿蘇駅横の道の駅阿蘇では、阿蘇のあか牛のお弁当が売られており、これがまた美味しかった!
2020年度内に・・・_d0177220_11182294.jpg
↑ お値段はなかなか・・・でしたが、美味でした♪

阿蘇には復興中の阿蘇神社や水基めぐりがあり、阿蘇のおしゃれスポットもたくさんありました^^
阿蘇ネイチャーランドではアウトドアを楽しむ施設があり、早朝飛ぶ熱気球やパラグライダーなどとっても楽しそうです♪

(たぶん)今だけ大分から運行される『あそぼーい!』に早めに乗って、阿蘇までゼヒ楽しんでください^^



by nonoshita


↓ ランキングに参加しています。クリックをお願いします。


にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 佐伯情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村








# by saikimokuzai | 2020-01-23 14:43 | 日常のコト | Comments(0)