もくもく家づくり

saimoku.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

お知らせ。

私事ですが、明日から産休に入ります。
1年間ほどお休みさせていただきますので、ブログアップは不定期となります。

大変申し訳ございませんが、よろしくお願い致します。


d0177220_13113246.jpg



by nonoshtia


↓ ランキングに参加しています♪クリックをお願いします。



にほんブログ村


にほんブログ村
[PR]
by saikimokuzai | 2016-10-25 13:32 | 仕事のコト | Comments(0)

山口県に行ってきました♪

ちょっと前になりますが、連休を使って山口県に行ってきました♪

山口にずっと行ってみたかったのですが、遠く感じていたため足が伸びず・・・でも、東九州自動車道が開通したのをきっかけに門司まで行ってみると案外近くて、これなら行けるかも??と思い切って行ってみることにしました!

d0177220_10574113.jpg
↑ 門司と下関を結んでいる関門橋です。

朝の6時頃に出発し、思っていた時間よりも早く山口県内に入りそうなので、関門橋が見えるめかりSAで朝ご飯を食べてから再び出発し、9:30頃に新山口駅の駐車場に到着しました^^

なぜ新山口駅なのかといいますと、SLやまぐち号に乗るためなのです(笑)。
早めに到着したので新山口駅をぶらぶらすることにします。
新山口駅は新しく、まだ工事中でもありましたが、新幹線へと結ばれている通路は線路の真上を通っていたので、次から次にやってくる電車が見えて子どもは大喜びでした♪
d0177220_11180531.jpg
↑ 壁には山口県内で採取された植物が壁面に植えられていました!

駅の売店では、SLや新幹線グッズがたくさん売ってあり、SLやまぐち号のチョロQをゲットしました(笑)。

そろそろSLやまぐち号がやってくる時間になりそうなので構内へ下りると、ものすごい煙を吐きながらSLやまぐち号がやってきました。
d0177220_10574184.jpg
↑ 駅ではみんなが撮影タイムです。
d0177220_10574174.jpg
↑ すごい煙です!構内では子供用の駅員さんの制服を貸し出していました^^

車内は明治風・大正風・昭和風・欧風・展望デッキがあり、それぞれ特徴がありました。
d0177220_10574084.jpg
↑ 欧風の車内です。

新山口駅から津和野駅までの2時間、SLに揺られてのんびりと進んでいきます。
d0177220_10574202.jpg
↑ SL弁当とSLやまぐち号のチョロQ。

沿線ではたくさんの人が手を振ってくれているので、私たちも手を振り替えします。
トンネルでは、締め切った窓からも少しずつ煙が漏れてくるので大変!
キレイだったテーブルもいつの間にかススで汚れてきています(汗)。
白い服を着るのはオススメしませんと書いていましたが、思っていた以上にススで汚れるんですね(汗)。
汚れと振動で乗車は結構大変でしたが、外にある展望デッキに出て車外の風景を楽しんだり、車内販売でアイスを買ったりしていると、津和野駅に到着♪
津和野駅ではSLが転車台で回って進行方向を変えたり、石炭を入れて車体を休ませていました。

帰りもSLにすると3時間後の発車になるので、特急列車で新山口駅に帰る事にします。

新山口駅に戻ると雨が降っていました。
今夜の宿は行く前からずっと探していましたが、全然なくて・・・仕方がないのでキャンプ場でテント泊をしようと思っていましたが、雨の中でテントを広げるのがイヤになってしまい、イチかバチか(苦笑)で新山口駅から見えるホテルに電話してみることにすると・・・ビンゴ!
運良く目の前のホテルのツインの広い部屋が空いていました^^
やっぱり直前のキャンセルはネットで反映されないモノなんですね。困った時は飛び込みに限りますが・・・こればかりは運ですので、前もって予約することに限ります(苦笑)。

ゆっくりと身体を休めることができたので、次の日は快適に目が覚めることができました^^
この日は晴れの予報だったので、予定通りずっと行ってみたかった秋吉台へ行ってみることに♪
d0177220_09342371.jpg
↑ 展望台から見る秋吉台。
d0177220_09342421.jpg
↑ 天気が良くて、良かったです^^
d0177220_09342407.jpg
↑ 夏みかんソフトを食べました。さっぱりして美味しい♪

日本最大のカルスト台地はとても広くて、1時間ぐらい散策していました^^

それからまたまた行ってみたかった角島へ♪
d0177220_09342565.jpg
↑ 離島へ架かる橋の中で、日本で2番目に長い橋だそうです。

青い海と青い空に映える角島大橋です♪
この日はあいにくの波模様で残念でした・・・。この波が凪ぎの状態だと、とても素晴らしい景色になります♪
でも、青い海に白い砂浜で橋も長くてもとても立派!!観光客がどっと押し寄せていて、ビックリしました。

d0177220_09342532.jpg
↑ 角島の砂浜は白くてキレイ!
d0177220_09342528.jpg
↑ 砂浜をよく見ると、ピンクの貝殻のかけらを多く含んでいるみたいで、薄ピンク色の砂浜でした^^

帰り道では、福岡方面から角島へ向かう車で数キロの渋滞!!ちょっと早めに出ていてよかったなぁ~~~とホッとしました(^^;)

帰りは下関に寄って、海辺を満喫♪
d0177220_09342601.jpg
↑ 下関から見る関門橋と唐戸市場。

市場近くの食事処で、ふぐを食べて帰りました♪
d0177220_09342603.jpg
↑ 高いところばかりでしたが、唯一お手頃なふぐ料理屋さん。
d0177220_09342620.jpg
↑ ふぐ刺しぶっかけ丼にふぐのから揚げ、ふぐのフライ、ふぐの味噌汁が付いていて美味しかったです^^

しばらく旅行には行けなくなるので、とても充実した2日間になりました♪


by nonoshtia


↓ ランキングに参加しています。クリックをお願い致します。



にほんブログ村

にほんブログ村

[PR]
by saikimokuzai | 2016-10-18 14:00 | 日常のコト | Comments(0)

ご紹介♪

ウッドハウス21の特徴である、無垢の木の家に使われる『板』についてお話したいと思います。

よく、このような
d0177220_16475688.jpg
無垢の板を室内の壁に貼って仕上げていますが、この板は自社で製材・加工しています。
『製材・加工』と言われてもピンとこないと思いますので、どのようにして造っているのかを紹介したいと思います♪

まずは丸太を板の大きさよりも少し大きめに製材して、数か月自然乾燥させます。
d0177220_16475635.jpg
↑ 乾燥させた板。

板には節がたくさんありますが、節には生き節と死に節とがあり生き節は名前の通りまだ生きているので節が抜けることはありませんが、死に節は節が生きていないので抜ける恐れがあるため、その死に節を見極めて節の大きさに合わせて穴をあけます。
d0177220_16475990.jpg
↑ 穴をあける機械です。
d0177220_16475746.jpg
↑大中小と3つの大きさで穴をあけます。

d0177220_16475669.jpg
↑ この穴の部分にボンドを塗り込みます。
d0177220_16475846.jpg
↑ この穴に合う大きさのダボ木を置きます。
d0177220_16475922.jpg
↑ そして、木づちでダボ木を叩いて埋め込みます。

この作業を繰り返して一枚の板に穴埋めをした後、乾燥させます。

ちなみにダボ木は

d0177220_16475971.jpg
↑ 三種類の大きさのダボ木です。
d0177220_16480007.jpg
↑ アップで見るとこのような感じです。当たり前ですが、このダボ木は本物の無垢の木です。

で、ボンドを乾燥させたあとは、機械で加工していきます。

d0177220_16534762.jpg
↑ カンナ掛けの機械で床や壁用の板を加工します。

d0177220_16534758.jpg
↑ 加工後の様子。凸凹部分は背面で、両端は実加工(さねかこう)されています。

実(さね)とは、木と木が接合される部分です。
この板を張ることによって釘部分は隠れ、たとえ木が乾燥して板が縮んでも下が見えることはありません。

d0177220_16534803.jpg
↑ 凸凹の表面はキレイにカンナ加工されています。

この状態から再び紙やすりの機会に板を通します。
d0177220_16534584.jpg
↑ この機械を通すことで加工された木がツルツルになり、仕上がりとなります。

そして、一坪単位で板を結びます。  

d0177220_16534647.jpg
↑ 一坪単位で板を結んで出荷します。

ちなみに、ウッドハウス21で使用するだけでなく、大工さんにも販売しております。

機械を通すところは多いですが、節を埋める前の段階から手作業ですので仕上げるまでに時間がかかりますが、仕上がった板はとてもキレイです^^
d0177220_16534682.jpg
仕上がった板も素晴らしいですが、大工さんの手に掛かるともっと素晴らしい仕上がりになります♪

無垢の木の家が好きな方に喜んでいただきたいので、これからも頑張ります!!


by nonoshita


↓ ランキングに参加しています。クリックをお願いします。



にほんブログ村

にほんブログ村
[PR]
by saikimokuzai | 2016-10-13 14:12 | 仕事のコト | Comments(0)

秋の気配・・・

10月2日(日)に久住高原牛肉祭りへ予告通り、行ってきました♪

快晴で暑いぐらいの日でしたが、朝からみんなでジュウジュウ~焼き焼きとしてきました(笑)。

d0177220_14132666.jpg
↑ 牛肉販売所。焼き肉用が200g1500円で売っていました^^

今年はちょっと奮発して、焼き肉用(200g 1500円)を2パックとサーロインステーキ用(200g 2000円)を1パック思い切って購入^^(ちなみに、1パックに付き野菜が1袋付いています)

サーロインを切って貰おうと思いましたが、切って貰えるとことが見当たらずスタッフの方に聞くと、どうやら食品衛生??に引っかかるらしく取りやめになったんだとか。
d0177220_14151868.jpg
↑ 左側のお肉が焼き肉用で、右側がサーロインステーキ用です。サーロインが大きい!!

まぁ、子どもの取り分けようにキッチンバサミを持参していたので食べやすく切ることができたので良かったですが、切っていると貸して下さいと他の方に言われました。
サーロインステーキが大きいのはすごく魅力的ですが、この大きさのサーロインステーキを食べるのには苦労しますからね(^^;)
次回に行く時もキッチンバサミを忘れずに持って行かなければ!

このお祭りの私にとっての魅力は、牛肉の質の高さと身ひとつで行けば何もかもが準備されているトコロです^^
火が入った七輪や箸や焼き肉のタレとお皿も無料で用意してくれるので、あとはいかに快適に過ごすか、ということに気を配ればいいですよ。
d0177220_14151827.jpg
↑ サーロインステーキ用のお肉を切って網にのせました。
d0177220_14151850.jpg
↑ 脂が多いので、すぐに炎が上がって焼けてしまいました。

焼き肉用のお肉は美味しかったのですが、サーロインステーキ用のお肉の美味しさといったら・・・。
脂が甘い!という美味しさを再確認(笑)。なかなかできない贅沢をしました^^


焼き肉の後は牧ノ戸から展望台まで運動し、長者原から筋湯温泉への道沿いにあるススキ野原へと車を走らせると、
d0177220_14151801.jpg
↑ キラキラのススキ野原が広がっています^^

d0177220_14151826.jpg

d0177220_14151876.jpg
ススキの穂が開いていて、とてもキラキラしてキレイでしたよ♪♪

そろそろ山の紅葉が始まりますね♪
今年はどんなドラマティックな赤を見せてくれるのか今から楽しみです^^
山の紅葉のピークは10月中旬から下旬ですが『秋の日はつるべ落とし』といわれ、すぐに真っ暗になりますので登山をされる方は早めの下山はもちろんですが、念のためにヘッドライトは必ず持参してください!
携帯のライトがあると思っていても、山中で携帯を持ち歩くと電波を探してあっという間に電池がなくなりますのでアテにしないで下さいね。



by nonoshtia



にほんブログ村


にほんブログ村



[PR]
by saikimokuzai | 2016-10-06 15:07 | 日常のコト | Comments(0)