もくもく家づくり

saimoku.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

基礎工事完了

佐伯市にて基礎工事を行っていた借家が3件分完成しました♪

とりあえず、基礎配筋の写真ですがアップしておきます^^

d0177220_14413210.jpg

↑ 進入用の道路も完成しました!

d0177220_1442132.jpg

↑3件分一気に基礎工事に入りました。

d0177220_14422073.jpg

↑ 立ち上がると圧倒されるでしょうね。


─で、来週12/24、25と大分市横尾にて棟上げをさせていただきます♪
そちらの基礎はコチラ。

d0177220_14483114.jpg


昨日、今日と寒波がやってきていましたが、24,25日はホワイトクリスマスではなさそうなので、外での作業はこの時期とても厳しいですが、雪が降らないだけ良かったのかもしれませんね。

年末が押し迫っています。
忙しいとは思いますが、慌てないように車の運転や事故には十分気を付けましょう。


~年末年始のお知らせ~

仕事納め 平成25年12月28日
お休み  平成25年12月29日~平成26年1月5日
仕事始め 平成26年 1月 6日 


by nonoshita
[PR]
by saikimokuzai | 2013-12-20 14:57 | 仕事のコト | Comments(0)

進捗状況♪

佐伯市N様邸の施工が着々と進んでいます♪

2、3日前から屋根に瓦を乗せています^^
こちらのコンセプトは『山小屋』

でも、山小屋らしい板壁にするとメンテナンスが大変なので外壁はサイディングですが、山小屋らしいオレンジの瓦を選ばれていました♪
オレンジの平板瓦はどんな風になるのか楽しみでしたが、思っていた以上にカッコイイデス!!

d0177220_170175.jpg

d0177220_1703498.jpg


ズラッと瓦が並ぶと、迫力があります^^
d0177220_1705422.jpg


ウッドハウス21の建て方は外側と内側のW断熱工法で、いつもはDAIKENアセダス耐震ボードを使用していましたが、東日本大震災の被災地向けの発注のみ受付となったので、今回は同じくDAIKENのダイライトというボードを使うことになりました。
このダイライトは地震・台風・火災に強く、合板を張るよりも通気性や断熱性、防火性に優れている下地材です。
ですが・・・これがとっても重くて(苦笑)、大工さんがとても苦労されています(^^;)
d0177220_1712871.jpg


d0177220_1714578.jpg



ちなみに、家の内部は床下に断熱材を敷いていました。
d0177220_1711344.jpg


これだけでも家の中の気温がぐっと暖かくなりました^^
さらに、内断熱やサイディングを張るとこれまた全然違ってくるでしょう!

楽しみですね♪♪

by nonoshita
[PR]
by saikimokuzai | 2013-12-10 17:26 | 仕事のコト | Comments(0)

冬山の始まり~♪

いよいよ今シーズンの冬山が始まりました!!
しばらく私は登れないのですが、相方が11/30に登ってきたので、写真を拝借します(笑)。

山の山頂で朝日を見る方はほんの数年前まで数人ぐらいでしたが、最近は人数がとても多くて、初めての山が朝駆け・・・なんていうツワモノもいるみたいで・・・ちょっと異常なほどの山ブームです(汗)。

夏山で朝駆けなら何とかなっても、冬山ではトンと通じませんので朝駆けをされたいのであればオンシーズンで昼も夜も登山道を通っていないと、ガスで登山道や周囲がわからなくなる時に危険です。

まぁ、通いなれていても目印を見落とすことがあったり、どうも迷いやすい登山道もあります。
わからなくなったら、わかるところまで引き返す勇気が遭難一歩手前の自分の身を守る術なのです。
それに、尋常ではないほどの寒さで、風が吹くと体感温度はますます下がり、きちんとした装備でなければ冬山に入ることはできません。

そんな危険がいっぱいの冬山ですが、当たればとても感動が大きいのは確かです^^
では、11/30の朝日です♪

d0177220_17305444.jpg

↑ 天狗ヶ城から見るガス焼けした日の出。

d0177220_17313219.jpg

↑ 霧氷がびっしりなので、いかにガスが濃くて風が強かったのかがわかります。

d0177220_17311265.jpg

↑ 扇ヶ鼻東端からみる肥前ヶ城西斜面。


冬山といっても、暖かければすぐに融けてしまうくじゅうの山々ですが、防寒着とアイゼンなどの冬山装備を揃えて楽しく登ってくださいね♪


by nonoshita
[PR]
by saikimokuzai | 2013-12-02 17:53 | 山登りのコト | Comments(0)