もくもく家づくり

saimoku.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

初冬のくじゅうへ

2010年12月18日(土)

待ちに待った冬将軍が週末前に来てくれたので、くじゅうの雪景色を堪能することができる週末となりました。

前夜に用意を済ませて早めに就寝し、0:30に起床します(早っ!)。

パパッと残りの準備を済ませてくじゅうへGO!
約2時間の道のりを旦那様と二人で向かいます。

くじゅう花公園を過ぎてから雨が降ったらしく、路面が濡れています。
途中の橋では道路が凍りかかっていたので慎重に進み、瀬の下までなんとかチェーンなしできましたが、問題はここからデス。
この先は登り坂であとほんの少し・・・。というトコロでチェーンを付けなければならない場合が多いのですが、今回は何とかクリア☆して牧ノ戸の駐車場へと車を滑り込みます。

牧ノ戸周辺は木々には霧氷がびっしりついており、道端にはうっすら積雪していました。

「これは・・・!」と期待が膨らみ、思わずにんまり^^

チャチャッと準備を済ませて、4:00に牧ノ戸を出発します。
真っ暗+ガスの登山道を汗をかかないようにゆっくりと登ること2時間30分。
途中の強風やガスのあおりを受けながらもようやく6:30にくじゅう連山の『天狗ヶ城』の山頂へ到着しました。

ガスは薄く、次第に辺りが明るくなりましたが、日の出前にガスが晴れることは無く・・・撃沈(涙)。

でも、お楽しみはここからです♪
霧氷と雪の世界に冷たい風を受けながら、自らのカラダも霧氷にまみれながら待つこと・・・数十分。
ついにBeautiful♪な世界を目にすることができました~~~!!

d0177220_18105319.jpg

↑ 天狗ヶ城山頂から見る、朝日を浴びる中岳

d0177220_18114257.jpg

↑ サンゴのような霧氷から中岳を望む

d0177220_18115883.jpg

↑ 岩峰の天狗ヶ城

d0177220_18111723.jpg

↑ 中岳山頂からブロッケン付きの天狗ヶ城

d0177220_1812176.jpg

↑ 中岳山頂から霧氷に覆われて真っ白な大船山を望む


ガスが晴れるのを待つこと数時間・・・というのはザラにあるので今回は本当に良かったです^^

その後、九州最高峰の中岳→稲星山→久住山と巡り、初冬のくじゅうを堪能することができました♪


ガスが晴れるまでは極寒の世界なので、防寒対策は大切です。
ただ、山に登る為の防寒は重ね着が基本ですから、もし冬に山に入られる場合は下記を参考にしてください♪

今回の私のウェアは

◎ 速乾性のアンダーウェア
◎ アンダーウェア上下(冬用の長袖長ズボン,ミズノのブレスサーモ)
◎ 冬用のズボン
◎ フリース素材の長袖
◎ ダウンジャケット
◎ 防水透湿性のジャケット
◎ 毛糸の帽子
◎ ネックウォーマー
◎ 冬用の薄い手袋+冬用のダウンが入った手袋
◎ メリノウールの登山用靴下

と、このようにしていました。

山で汗をかくとすぐに冷えてしまうので汗をかかないようにすぐ脱げるようにするのが大切です。
汗をかいたり、水分で濡れてしまった場合のアンダーウェアの着替えもプラスした方がいいですよ。

あと、私は腰周りがとっても冷えるので、腹巻とダウンが入った山スカートは必需品デス(苦笑)。

冬は重装備となり、荷物が増えますが冬の寒さには低体温症や凍傷などといった恐ろしい病気になってしまうかもしれませんので、十分すぎるほどの注意が必要です。


ただ、太陽が昇ってしまえばぽっかぽかの陽気となることも多いです。
この日も同じで、最後にはアンダーウェア+フリースとなり、ザックの中は服でパンパンとなってしまいました(苦笑)。


雪景色が見たい方でも、牧ノ戸から15分で登れる第一展望台やその先の沓掛山までなら何とか登るコトができると思うので、興味がある方はゼヒ雪景色を堪能してみて下さい♪

d0177220_1833526.jpg

↑ 第一展望台から沓掛山を望む

ただし、下りはデンジャラスゾーンとなる場合が多いので、滑らないように注意が必要です!
牧ノ戸駐車場にある牧ノ戸茶屋にアイゼンという靴の底に付ける滑り止めが売っていますのでそちらも参考にされてみてはいかがでしょうか?

モチロン、車のチェーンも必需品ですよ♪



by nonoshita
[PR]
by saikimokuzai | 2010-12-21 18:14 | 山登りのコト | Comments(0)

元越山(もとごえさん)

先週は佐伯市の山、元越山に登りました。

平成19年に新たに整備された、米水津(よのうず)の色利(いろり)から登るルートをチャレンジしてきました。

色利まで車で15分とくじゅうまでの2時間とくらべると近っ!!
登りもそんなに急なところもなく、第一展望台~第五展望台と海が見える休憩箇所が多く、1時間も登らずに尾根沿いを歩くのでハイキング間隔で登ることができました^^

d0177220_15451518.jpg

↑ 尾根の心地が良い登山道。

d0177220_15442636.jpg

↑ 展望台から見える絶景。

山頂は360度の大パノラマ!!

d0177220_15453586.jpg

↑ 山頂からは海を挟んだ四国の山々を望むことができます。

天気が良かったので展望に恵まれ、くじゅう連山から四国の山々までみることができました^^


今週末はくじゅうに入ると思うので、一昨日から降っている雪がどうか残っていますように・・・!


by nonoshita


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
[PR]
by saikimokuzai | 2010-12-10 15:47 | 山登りのコト | Comments(0)

本日は山芋デー♪

11月29日~12月2日まで旦那様が出張のため羽がのび~~~るの第二弾デス(笑)。

旦那様の居ぬ間に実家にて父が掘ってきた天然の山芋(自然薯)を料理してもらいました^^

父は山芋の掘る時期になると居ても立ってもおらず、友人と山芋掘りばかり(苦笑)。
『今日の山芋はキレイだったよ!(^^)v』と会えば山芋の話しばかりですが、そんな父(前社長)が掘ってきた成果がコチラ^^

d0177220_11312417.jpg


立派な自然薯です!!
天然モノは高いと聞いていましたが、先日道の駅にて値段を見るとビックリ!!小さいもので2500円からで、多きものだと5000円コースです!!!

そんなモノを見てしまったので、余計にありがたみがでてきますね(笑)。


さて、今夜のメニューは

自然薯のテンプラ
とろろ
ほうれん草の和え物

以上、です^^

さて、とろろは出来上がっていたので作る行程は省かせてもらい、自然薯のテンプラの行程です。
まず、自然薯をすりおろします。
すりおろしたものをスプーンですくい、海苔で巻きつけてそのまま油で揚げたら出来上がり♪♪

d0177220_11321790.jpg


出来上がったものはお塩か醤油を付けて召し上がれ~^^

d0177220_11324465.jpg


味付け海苔だと、そのまま食べても美味しいです♪
自然薯のテンプラはアツアツに食べるのがイチバンなので、揚げたてを口の中に直行して下さい。

d0177220_11332369.jpg


とろろご飯もテンプラもなんとも贅沢・・・♪♪

お仕舞いはお風呂も貰って自宅に帰り、ビールをプシュッと開けるという、うふふな一日を過ごすことができました^^


by nonoshita



にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
[PR]
by saikimokuzai | 2010-12-01 10:50 | 日常のコト | Comments(2)