人気ブログランキング |

もくもく家づくり

saimoku.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:山登りのコト( 65 )

TR鉄道跡地散策コースを歩きました♪

2/1の丹助岳の後に、TR鉄道散策コースへ行ってきました^^
その前に、旧高千穂鉄道の日之影温泉駅に寄ります。
日之影温泉駅には、高千穂鉄道の列車を改造した簡易宿泊施設があり、列車の中で泊まることができます^^
素泊まりなのですが、隣接の日之影温泉駅に温泉や食事処があるので十分楽しめそう♪
子鉄の息子は泊まりたくてたまらない様子(苦笑)またいつか、旧高千穂鉄道を走っているスーパーカートへ行く時に泊まってみたいと思います。

TR鉄道跡地散策コースを歩きました♪_d0177220_15042645.jpg
↑ 旧高千穂鉄道の列車を改造した、簡易宿泊施設

TR鉄道跡地散策コースを歩きました♪_d0177220_15042469.jpg



↑ 日之影温泉駅の横に宿泊施設があります。
TR鉄道跡地散策コースを歩きました♪_d0177220_15373038.jpg
↑ 日之影温泉駅の前にある足湯。以前はここがホームでした。

その後、森林セラピーコースのTR鉄道跡地散策コースがある、吾味駅へ。

TR鉄道跡地散策コースを歩きました♪_d0177220_15042426.jpg


↑ 森林セラピーコースの看板。

吾味駅7を出発すると、すぐに五ヶ瀬川第3橋梁があります。


TR鉄道跡地散策コースを歩きました♪_d0177220_15042454.jpg

↑ 川の真ん中を橋で渡ります^^

元は線路の橋を舗装して歩きやすくしており、川がとてもキレイだし開放的でとっても気持ちがいいです!


TR鉄道跡地散策コースを歩きました♪_d0177220_15042428.jpg

↑ 最後の方は橋の幅が狭くなっていて、スリル満点!

歩いて渡るのも気持ちが良かったですが、在りし日のトロッコ列車で渡ったら、さぞかし気持ちのいいことでしょう^^

その後はまだレールや所々にある枕木が敷かれたままの線路を歩きます。

TR鉄道跡地散策コースを歩きました♪_d0177220_15042527.jpg

↑ 線路の上を歩けるなんて、不思議です。

TR鉄道跡地散策コースを歩きました♪_d0177220_15042507.jpg

↑ 一つだけあるトンネルをくぐります。
TR鉄道跡地散策コースを歩きました♪_d0177220_15042510.jpg

↑ トンネルにはベンチが・・・

なんだか異世界に来たような雰囲気。
しかも、線路の上を歩いているし、まだまだ使えそうな線路なので列車が来ないか思わず振り返ります(苦笑)。
夜に列車が走っていたら怖いなぁ~・・・なんて(^^;)

しばらく森の中の線路を歩いていたら、急に開けて集落が見えてくると、線路の終わりが見えてきました。
TR鉄道跡地散策コースを歩きました♪_d0177220_15042514.jpg

↑ 唐突に線路が途中で終わっています。

TR鉄道跡地散策コースを歩きました♪_d0177220_15042569.jpg
↑ 日向八戸駅に到着。道路の部分が昔は線路があったみたいです。

森林セラピーはあと一駅分あり、吾味駅~日向八戸駅~槇峰駅までの3駅分を歩き、走行時間は約90分とのこと。(たぶん、往復の時間だと思います)

今回は夕方だったので、さわりだけ歩こうと言いつつ、ひと駅分歩いてしまいましたが、この森林セラピーコースは桜や菜の花が咲く時期に歩くのがピッタリだそうです^^

思った以上に廃線路を歩くのが楽しかったので、今度は全部歩いてみたいものです^^



by nonoshita


↓ ランキングに参加しています。クリックをお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 佐伯情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村

by saikimokuzai | 2020-02-17 15:05 | 山登りのコト | Comments(0)

丹助岳(たんすけだけ)に登ってきました^^

2/1(土)に思い付きで宮崎県日之影町にある丹助岳へ登ることになりました。
相方調べによると、山頂近くの山小屋まで車で行けるので、そこから山頂までは30分とのこと。
それなら、ちょっと風邪気味なコドモズなので無理をさせないかなぁ~と思って自宅を出発。

佐伯市から日之影町までは東九州自動車道の延岡ICから北方延岡道路を通って行きます。全て無料区間なので助かります^^
北方延岡道路を終点まで行き、国道218号を走ってから(旧こんにゃく村)たかオートを右折し、山道をひたすら登ります。
すると、途中で展望台がありました。

丹助岳(たんすけだけ)に登ってきました^^_d0177220_11113556.jpg
↑ 日之影町は森林セラピーロードがたくさんあります。
丹助岳(たんすけだけ)に登ってきました^^_d0177220_11113532.jpg
↑ 矢筈岳(やはずだけ)と比叡山がよく見えます。

車をそのまま走らせ、丹助岳キャンプ村に到着しました。
丹助岳(たんすけだけ)に登ってきました^^_d0177220_11113509.jpg
↑ 立派な山小屋ですが、今は無人です。
丹助岳(たんすけだけ)に登ってきました^^_d0177220_11400608.jpg
↑ 中は広々しています。

部屋は三部屋あり、そのうち一部屋は
丹助岳(たんすけだけ)に登ってきました^^_d0177220_11113510.jpg
↑ 寒さをしのげる薪ストーブがありました。

山小屋を見学してから、登山口を出発!
丹助岳(たんすけだけ)に登ってきました^^_d0177220_11113594.jpg
↑ 登山口は2つあり、丹助岳をぐるっと回れます。
丹助岳(たんすけだけ)に登ってきました^^_d0177220_11410485.jpg
↑ 丹助岳周辺地図

登り始めは森林セラピーコースらしい、気持ちのいい登山道です。

丹助岳(たんすけだけ)に登ってきました^^_d0177220_11351256.jpg
↑ なだらかで段差がなく、気持ちがいいです。

こんな気持ちがいいコースなんて久しぶりだなぁ~とウキウキ♪
気温が低いですが、木漏れ日の中で子どもの足もとても軽かったのですが、途中で道を間違えこんな岩場に・・・

丹助岳(たんすけだけ)に登ってきました^^_d0177220_13192409.jpg
↑ 天狗岩との分岐。
丹助岳(たんすけだけ)に登ってきました^^_d0177220_11113605.jpg
↑ 体がハマる岩場。

大きな岩場が出たと思えば・・・

丹助岳(たんすけだけ)に登ってきました^^_d0177220_13251234.jpg
↑ いつのまにか天狗岩に!

避けていたはずの天狗岩にいつの間にか出てしまいました(^^;)

子どもとここにいるのは怖いので、天狗岩をすぐに下りて引き返し登山道に戻ります。
この先はザイルあり、濡れた岩場もありで、子どもと一緒ではちょっと難しく、やはり登山は登山だなぁ~と痛感。
くじゅうではザイルの体験なんてできないので、子どもにしっかりとレクチャーをします。

ザイルに全体重でしがみつくのはダメ。ザイルを持った時は体を岩場から離さないとうまく登れないよ。ザイルを持つときの視線の位置など・・・ザイルの使い方は慣れていないと大変です(^^;)
体の使いの指示を出す方もいい勉強になりました。

山頂直下はもの凄い岩場をザイルで登るコースと回って登るコースがあり、迷わず回るコース選択。
丹助岳(たんすけだけ)に登ってきました^^_d0177220_11113659.jpg
山頂へは1時間で到着!天狗岩も寄ったからでしょうが、普通に登っても30分ではとても辿り着けません(汗)。
丹助岳(たんすけだけ)に登ってきました^^_d0177220_11485299.jpg
↑ 丹助岳の山頂。
丹助岳(たんすけだけ)に登ってきました^^_d0177220_11503154.jpg
↑ 山頂からの眺めは最高です!

棚田が多いです。日之影町は棚田と石垣を推していましたよ^^

山頂は風が強かったので、窪地でご飯を食べて小休憩後は来た道とは違う、丹助岳のぐるっと周回コースを下ります。
このコースは急登を下るため、落ち葉でズルズルと滑り、途中からはザイルでいっぱい・・・
でも、子どもにザイルワークのレクチャーをしながら下りると、どんどん上手になっていました^^

その後は再びなだらかな登山道になります。
丹助岳(たんすけだけ)に登ってきました^^_d0177220_11503173.jpg

コチラのコースはそれほど難なく、進んで登山口に到着!

本日のお題をクリアできたので、今度は子どもの好きなところへ向かいます^^




その2に続きます。



by nonoshita


↓ ランキングに参加しています。クリックをお願います。


にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 佐伯情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村


<
by saikimokuzai | 2020-02-04 13:23 | 山登りのコト | Comments(0)

今年初の山登り♪

年末にくじゅうへ登り納めに行きたかったのですが、大掃除と天候の関係で行けず・・・(汗)。
そのかわり、明けて3日に初登りをしてきました^^

当初は久住山に登ろうと思っていましたが、出発が遅くて登山道がドロドロになっているため子どもの足取りが遅くなってしまい、星生山へと予定を変更することに。

今年初の山登り♪_d0177220_15020941.jpg
↑ ドロドロの登山道に足を取られます。

泥除けスパッツを子どもたちに履かせていましたが、泥はスパッツよりも上に付くし、小さい子どもは岩場を体全体で登るのでズボンが泥まみれ(^^;)
ちょっと汚れただけでズボンを脱ぎたがるので、それを止めるのに苦労しましたし、ズボンが泥まみれになったので子どものテンションが下がります↓↓↓

でも、天気が良いだけ救われます^^
ガスの攻防も見られたし、霧氷が無いのは残念ですが霜柱がたくさんあったので、子ども達も霜柱で遊んでいました^^
今年初の山登り♪_d0177220_15020983.jpg
↑ 星生山へと向かう。


ちょっと風が強いのが大変でしたが、少しずつ高度を上げて星生山山頂へ!
上の子はもうすぐ6歳なので、昨年からようやく山頂を踏めるようになり、今回も頼もしい足取りでした^^
今年初の山登り♪_d0177220_15020929.jpg
↑ 風が強いですが、スッキリとした青空です!

強風が吹いていたので、窪地に入って遅めの昼食をとります。

今年初の山登り♪_d0177220_15020970.jpg
↑ 冷えた体にカップラーメンは最高です!

その後は17:00までに下山しないと暗くなる!と休憩を取らずになるべく急いで下山!
頑張ったかいもあり、17:20頃には無事に下山できました^^

山に登ったら、温泉は子どもの中で必須のため、登山を頑張ったご褒美にいつも温泉に入っていますが、今の時期は冷え切った体を温めないと風邪を引きそうなので必要条件です!
いつも私たちが利用しているのは久住町の白丹温泉か長湯温泉の天音です。天音は貸し切り湯が8室と大浴場もあり、貸し切り湯は料金も安いので助かっています^^
好みの泉質で、子どもと一緒でも安心なお風呂を探しに、今年はいろいろ巡っていきたいと思います。


今はくじゅうも雪が積もっているみたいですね^^
今期は暖冬なのでめったにない雪山に登りたいのですが・・・主人が繁忙期に入ったため、どうでしょうか??
雪山に登られる方は、チェーン、スコップ、アイゼン、防寒などなど雪山の道具をお忘れなく、楽しい登山を♪

by nonoshita



↓ ランキングに参加しています。クリックをお願いします。


にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 佐伯情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村



by saikimokuzai | 2020-01-16 14:13 | 山登りのコト | Comments(0)

男池の紅葉2019

11/2(土)にくじゅう山麓にある男池へ行きました^^

男池周辺の紅葉はまだでしたが、黒岳や平治岳の中腹辺りの紅葉がとてもキレイでした♪

男池の紅葉2019_d0177220_11564688.jpg
↑ 岩を掴む木は有名です♪

少しずつ色づき始めていましたが、見頃はまだまだですね。

男池の紅葉2019_d0177220_11564628.jpg
↑ 水が溜まって池になっていることろも。

男池の紅葉2019_d0177220_11564614.jpg
↑ キノコがたくさん生えていました。

ソババッケ周辺は色づいているそうなので、そこまで歩いてみることにします。
男池の紅葉2019_d0177220_11564663.jpg
↑ かくし水

男池から歩いて30分のかくし水に到着。少し色づきがあります。

この先は少しずつ登りになり始め、ようやく赤がチラホラと見られてきました^^

そして、ようやくソババッケに到着。
男池の紅葉2019_d0177220_11564556.jpg
↑ ソババッケ。背面の山は平治岳です。山の紅葉がキレイ!
男池の紅葉2019_d0177220_11564509.jpg
↑ 赤・黄・緑が混在してキレイ!

ソババッケ周辺の木は赤く紅葉し、とてもキレイでしたよ^^
男池の紅葉2019_d0177220_11564542.jpg

男池の紅葉2019_d0177220_11564570.jpg

3色見られるのは今だけ!真っ赤はもちろんいいですが、赤・黄・緑があるとステキです^^

例年より1週間は男池の紅葉が遅れているので、今週末よりは来週辺りが見頃になりそうですね~。
また見頃に行ってみたいなぁ・・・


by kehy


↓ ランキングに参加しています。クリックをお願いします。


にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 佐伯情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村



by saikimokuzai | 2019-11-05 15:14 | 山登りのコト | Comments(0)

くじゅう連山の紅葉 2019

2019.10.20(日)にくじゅうへ紅葉登山へ出かけました^^

先週も登りましたが紅葉はまだまだで、20日もまだだろうなぁ~と思って牧ノ戸から登ると、沓掛山は色づいています!

くじゅう連山の紅葉 2019_d0177220_13474623.jpg
見頃はあと少し・・・という感じですが、朝日に照らされてとてもキレイ!

中岳とかに登ろうと思っていましたが、星生山と扇ヶ鼻へ登ってみることにします^^

星生山西斜面の紅葉は見頃までもうすぐです。
くじゅう連山の紅葉 2019_d0177220_13474741.jpg
↑ 星生山西斜面の紅葉。5分くらいかな?

くじゅう連山の紅葉 2019_d0177220_13474720.jpg
↑ 扇ヶ鼻山頂の紅葉は見頃!

星生山の中腹にあるカール部分の紅葉は見頃でした。
くじゅう連山の紅葉 2019_d0177220_13474718.jpg
↑ 星生山のカール

星生山の山頂から見る三俣山、大船山も色づいています。
くじゅう連山の紅葉 2019_d0177220_13474767.jpg
↑ 本峰、南峰が色付いています。
くじゅう連山の紅葉 2019_d0177220_13474765.jpg
↑ 斜面が色付いていましたが・・・写真では遠くてわかりませんね(^^;)

星生山の稜線を西斜面方面に下っていると、ガスが湧き出しとてもいい光景が見られました^^
くじゅう連山の紅葉 2019_d0177220_13474728.jpg
↑ 星生山の稜線。

そして扇ヶ鼻へ登り、東端に行きます。
東端から見る肥前ヶ城の西斜面は赤・黄・緑のイロトリドリでキレイでした♪
くじゅう連山の紅葉 2019_d0177220_14020077.jpg
↑ ガスも湧き出し、紅葉とのコラボ!

見頃はあともうちょっと・・・というところでしょうが、3色揃ってキレイです!
残念ながらこの頃になると、空が曇ってしまい光が足らずに色がキレイに出ず・・・。

でも、扇ヶ鼻山頂付近の紅葉は見頃でとてもキレイでした!!

くじゅう連山の紅葉 2019_d0177220_14020048.jpg
くじゅう連山の紅葉 2019_d0177220_14020067.jpg
↑ ガスも沸いてキレイ!



紅葉はもう少し楽しめると思うので、ぜひくじゅうへ遊びに来てくださいね♪

くじゅう連山の紅葉 2019_d0177220_14020062.jpg
↑ 帰路に大焼けを見ることができました^^

by nonoshita


↓ ランキングに参加しています。クリックをお願いします。



にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 佐伯情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村




by saikimokuzai | 2019-10-21 14:08 | 山登りのコト | Comments(0)

今年のミヤマキリシマ

梅雨にようやく入ったと思えば大雨ですね。
九州北部はもの凄い雨が降り続いているので、皆さん十分に気を付けてください!


遅くなりましたが、今年はガッツリ?子ども達と一緒にくじゅう連山のミヤマキリシマを見ることができたので、写真だけでもアップします^^

まずは、6/1に登った星生山(ほっしょうさん)です。
6/2に久住山である山開きに参加したかったのですが、雨予報のため前日に登りました^^
ミヤマキリシマは沓掛山がキレイでしたが、新緑がまぶしく数年ぶりに登った星生山からの眺めは気持ちがよかったです♪

今年のミヤマキリシマ_d0177220_13473591.jpg
↑ 沓掛山から望む。
今年のミヤマキリシマ_d0177220_13473450.jpg
↑ 新緑がまぶしい星生山
今年のミヤマキリシマ_d0177220_13473469.jpg
↑ 山頂まで頑張って登りました!
今年のミヤマキリシマ_d0177220_13473597.jpg
↑ 山頂から眺める硫黄山と三俣山。

また、6/16に今度は扇ヶ鼻へ登りました。
前日まで雨だったからか、ミヤマキリシマは残念ながら終わりかけ・・・でも、遠目からみるとキレイ(笑)。


今年のミヤマキリシマ_d0177220_14512368.jpg
↑ 扇ヶ鼻は山一面ミヤマキリシマに覆われています。

今年のミヤマキリシマ_d0177220_14512352.jpg
今年のミヤマキリシマ_d0177220_14512335.jpg
↑奥のトンガリが山頂です。
今年のミヤマキリシマ_d0177220_14512389.jpg
↑ 山頂からみたくじゅう連山。(右側の山は久住山です)


5歳の子どもが登れるようになって、大変助かります!
でも、土曜日に登ると幼稚園の疲れがでて足取りが重いですが翌日はゆっくりできます。日曜日に登ると前日の休みで元気が復活しているため、子どもは非常に元気!けれど・・・次の日は休みではないため、次の日が特に親が大変になります(^^;)
どちらが良いのやら・・・(汗)。


by nonoshita


↓ ランキングに参加しています。クリックをお願いします。


にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 佐伯情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村




by saikimokuzai | 2019-07-03 15:10 | 山登りのコト | Comments(0)

ミヤマキリシマの開花状況

ミヤマキリシマが見頃を迎えてきました^^
私の相方が6/10に三俣山と扇ヶ鼻へ登ってきたので、ミヤマキリシマの開花状況をお伝えしようと思います!

ミヤマキリシマの開花状況_d0177220_13072820.jpg
↑  三俣山西峰から本峰を望む

ミヤマキリシマの開花状況_d0177220_13072873.jpg
↑ 同じく本峰方面を見たところ。
ミヤマキリシマの開花状況_d0177220_14284138.jpg

↑ 本峰山頂のミヤマキリシマ。

三俣山はまさに見頃を迎えていて、とてもキレイだったそうです^^

ミヤマキリシマの開花状況_d0177220_13465475.jpg

↑ 北峰を望む。

そして、扇が鼻まで移動して・・・
ミヤマキリシマの開花状況_d0177220_13072807.jpg

↑扇が鼻山頂方面のミヤマキリシマ。


ミヤマキリシマの開花状況_d0177220_13460831.jpg
↑ 扇ヶ鼻から星生山を望む。

扇ヶ鼻は5分咲きくらいだったそうです。

梅雨入りが遅れていますが、天気の状態は不安定なので予報がコロコロ変わりますね(^^;)
今週末は家族で扇ヶ鼻まで登る予定です。ちょっと雨予報がでているからずれてほしいなぁ~と思っています。


by nonoshita


↓ ランキングに参加しています。クリックをお願いします。


にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 佐伯情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村

by saikimokuzai | 2019-06-12 13:41 | 山登りのコト | Comments(0)

2019年 臼杵市大岩の山桜

2019.03.21

春分の日は最高気温がぐっと上がり、周囲の山を見ると、山桜がどんどん咲いていたので、昨年登った臼杵市にある大岩へ山桜を見に登ってきました♪

臼杵に向かう途中も山桜が満開の木があり、気がはやります。
大岩の登山口には駐車場があり、車を停めて出発!大人の足で40分程の工程です。
2019年 臼杵市大岩の山桜_d0177220_14533227.jpg
↑ 登山口。

登山口周辺の桜は・・・あまり咲いていません。
でも、登っていると山桜が散った花びらがチラホラあります。

出発が遅くなってしまったので、先を急ぎます。
5歳になった息子は昨年より山を登っているからか、たくましい足取りです^^
2019年 臼杵市大岩の山桜_d0177220_14533129.jpg
↑ 登りやすい登山道です。

朝方まで雨だったので、登山道が濡れていましたが順調に進んで、1時間10分後・・・

2019年 臼杵市大岩の山桜_d0177220_14533169.jpg
↑ もうすぐ山頂です!

昨年よりも20分早く山頂に到着!!

2019年 臼杵市大岩の山桜_d0177220_14533149.jpg
↑ 山頂からの眺め。

山頂は風が強く、霞が強いです。

お目当ての桜は・・・残念ながらまだ早かったです(^^;)

2019年 臼杵市大岩の山桜_d0177220_14533130.jpg
↑ チラホラ見える山桜。

ちなみに昨年は・・・
2019年 臼杵市大岩の山桜_d0177220_14533160.jpg
↑ ちょっと散り始めでしたが、桜吹雪がまたキレイでした♪(2018.03.31 撮影)


昨年は山桜と下界のソメイヨシノが同時に咲いたので、こんなにきれいな景色を見せてくれましたが・・・今年はどうでしょうか??
ちょっとまだらに咲き始めたなぁ~というのが私の感想です。

ちなみに3/24はこの場所で絶叫大会があるそうですよ^^

見頃は来週末ぐらいからでしょうか??来週末は熊本のほうに行く予定なので、こちらに登ることができませんが、山桜が気になっていたので、早くても登ることができてよかったです^^

皆さんも、来週末辺りにぜひ登られてみて下さいね♪


by nonoshita

↓ ランキングに参加しています。クリックをお願いします。



にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 佐伯情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村





by saikimokuzai | 2019-03-22 15:09 | 山登りのコト | Comments(0)

彦岳に登ってきました♪

ずいぶん遅くなってしまいましたが・・・

新年あけましておめでとうございます
今年もよろしくお願いいたしますm(_ _)m


新年は一度だけくじゅうに登りましたが、登山道がドロドロの状態で子供の靴が何度とっても泥団子の状態になり、大苦戦でした。
けれど、体力や身長が伸びたからか、また山に登りたい!と頼もしい返事が!
雪が降っていないのにくじゅうへ登ると泥だらけになり、後始末が大変なので(^^;)、なるべく毎週体力づくりに低い山でも登ろうとシフトチェンジ!

先週は地元佐伯市の狩生にある彦岳へと登ることにしました。
彦岳は1、2回??登った山なので、久しぶりです。

車で彦岳七合目まで登ってこれます。ちなみに、この山は山桜とコブシの花がとてもキレイなので、春になると車で登ってくる方が多いです^^
登山口の看板・・・は撮り損ねましたが、山頂まで徒歩30分だそうです^^

彦岳に登ってきました♪_d0177220_14083227.jpg
↑ 最初は登りやすく階段状になっています。

軽快な足取りでどんどんと登っていきます。

彦岳に登ってきました♪_d0177220_14083219.jpg
↑ 看板にはかぼすヒラメのお寿司とそれまでの消費カロリーが記載されています。

寿司好きの子どもは寿司の看板に励まされます♪
半分くらいまでは大人の足と変わらぬスピードでしたが・・・半分を過ぎるとおなかが減ってスピードダウン(早すぎっ(^^;))
氷砂糖の飴を舐めながら再び登っていきます。

彦岳に登ってきました♪_d0177220_14083176.jpg
↑ 山頂まであと100mの看板。
彦岳に登ってきました♪_d0177220_14083169.jpg
↑ ようやく山頂へ!
彦岳に登ってきました♪_d0177220_14083107.jpg
↑ 見事な眺望です!

風は冷たいですが、ぽかぽか陽気で暖かくまったりと寛げました^^

彦岳に登ってきました♪_d0177220_14083287.jpg
↑ 山頂にある祠

この後は子どもが楽しみにしていた普通電車へ乗り鉄をしに行きました(笑)。


夜は近くの地区でどんと焼きが行われたので、そちらにも行ってきました。

彦岳に登ってきました♪_d0177220_14083238.jpg
↑ 燃え上がる炎の柱

大入島で行われるどんと焼きほどの大きさではありませんが、お正月の後にはこの炎を見ないとなんだか落ち着きません(苦笑)。
大入島のどんと焼きはとても大きいので、子ども達がもう少し大きくなってから参加してみたいですね^^


by nonoshita


↓ ランキングに参加しています。クリックをお願いします。


にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村

by saikimokuzai | 2019-01-18 13:55 | 山登りのコト | Comments(0)

山ガールサッミトに参加していきました♪

1か月ほど前の話になりますが、山ガールサミットin宇目が佐伯市宇目であるのを偶然知り、参加してきました♪
山ガールサッミトに参加していきました♪_d0177220_14542521.jpg

『山登りはじめました』などの本を買かれている、鈴木ともこさんと一緒に登る観音滝のツアーを申し込み、鈴木さんのトークショーに参加したのちにイラスト入りの貴重なサインをいただきました♪♪
トークショーは時代とともに移り変わっていく女性用のトレッキングウェアについてで、とっても面白くて鈴木ともこさんと気さくな人柄にすっかり大ファンになってしまいました♪数年前から変わっていない私の山ファッションを一新したいなぁ~と思いました^^

前夜祭は佐伯市の方のおもてなしに感激(自分も佐伯市民ですが(^^;))
山ガールサッミトに参加していきました♪_d0177220_14542500.jpg
↑ 猪肉、鶏肉、牛肉など肉がたくさん!
山ガールサッミトに参加していきました♪_d0177220_14542577.jpg
↑ おもてなしのしし鍋♪
山ガールサッミトに参加していきました♪_d0177220_14542586.jpg
↑ 加工されたホオズキのツリー(宇目特産のホオズキはでかい!)

ちなみに一人で参加しましたが、同室の方々とすぐに仲良くなりイベントでいただいた紙岳を一緒に制作しました^^
山ガールサッミトに参加していきました♪_d0177220_14500535.jpg
↑ 一枚一枚シールを重ねて傾山の立体図を作ります。
山ガールサッミトに参加していきました♪_d0177220_14500653.jpg
↑ つまようじでシールを固定して貼っていきます。段々と山になっています。
山ガールサッミトに参加していきました♪_d0177220_14500524.jpg
↑ 30分で完成と言っていましたが、1時間かかりました(^^;)肩が凝った~。

前夜祭ではバーベキューやしし鍋があり、星空ウォッチング(霧の中でしたが(汗))、ワンバーナークッキングがあり・・・ナイトバーも繰り広げられたり・・・と楽しい一夜でした^^
山ガールサッミトに参加していきました♪_d0177220_14542597.jpg
↑ 霧に包まれて幻想的な唄げんか吊橋。
山ガールサッミトに参加していきました♪_d0177220_10074058.jpg
↑ 水に浮かんだホオズキのランタン!キレイ♪


翌朝は朝ごはんのパンをいただいた時にはまだ霧が凄かったので、宇目は雲海が出やすいからこのまま待っていれば唄げんか大橋と雲海が撮れるかも??と待ちましたが・・・撃沈。。。一時間が無駄になりました(苦笑)。
その後、8:30かな?キャンプ場をバスで出発し、観音滝ツアーに向かいます。

思い出橋から藤河内渓谷沿いを歩き始めます。(昨夜、佐伯市役所の方とお酒を交えながらルートを変更する荒業?をしました)
やっぱりここからのほうが藤河内渓谷の一枚岩を堪能できていい!!
山ガールサッミトに参加していきました♪_d0177220_09483219.jpg

青森の有名な渓谷を見に行ったけれど、ここのほうが凄い!!ととても感動されていた人がいました^^
ツアーに参加されていた方々もキレイ~♪とたくさんの声をもらって佐伯市民としてとても嬉しかったです♪
山ガールサッミトに参加していきました♪_d0177220_09470871.jpg
さて、50数名のツアーに参加するのは初めてなので、のんびりトレッキングは自分のペースで歩けず疲れます・・・でも、たくさんの人と山の話をしたり、鈴木ともこさんも各グループに加わっていろんな方とお話ししていて、私もたくさんお話させていただきました♪(とてもきさくで素敵な人でした♪しかも同い年!)楽しい時間を過ごせました^^

山ガールサッミトに参加していきました♪_d0177220_14542435.jpg

↑右下の窪みが観音様の目に似ているとか?
山ガールサッミトに参加していきました♪_d0177220_14542496.jpg

↑ 名残の紅葉。あとはほとんど落ち葉でした(涙)。
山ガールサッミトに参加していきました♪_d0177220_14542495.jpg

↑ ようやく観音滝に到着!

コースタイム1時間30分を3時間以上かけてようやく到着!
大人数だと大変!久しぶりの観音滝にも圧倒されました!

それにしても、ガッツリ登山ではないハズですが、5年ぶりのまともな登山ですでに足が・・・ヤバい(苦笑)。ストレッチも念入りにします。
その後はみんなで観音滝の水で入れたコーヒーを飲んで、休憩し下山です。

下山は・・・ノロノロ過ぎて・・・(苦笑)自分の太ももがフルフルしているのにぶっ飛ばして進みたい衝動に駆られるのをぐっとこらえました(^^;)ペースを合わせるのって疲れますね。でも、いい経験になりました^^

ゆったりのんびり下山した後は筋肉痛がおこらないように念入りにストレッチしたおかげでほぼ筋肉痛はなかったです。

下山後は夏木山~木山内岳へと縦走しているメンバーがかなり遅れているとのことだったので、抽選会で当たるはずの商品をみんなに贈るという嬉しいサプライズが!!
たくさんの野菜と宇目の新米をいただき、帰路につきました^^

私は家まで45分・・・ほかの方々はバスで熊本や福岡方面へと帰られます。しかも無料のシャトルバスですよ!
山ガールサミットは毎年行われている、とてもお得で安いイベントなので来年もぜひ参加してみたい!!と心に決めました☆
ちなみに遠くは京都から来られている方がいらっしゃいました!凄い!!

山ガールサッミトに参加していきました♪_d0177220_14542556.jpg
↑ おみやげの数々♪イラスト入りのサインをたくさんいただき大感激です!

それもこれも、相方が子どもズをみてくれたおかげで1泊2日のイベントに参加できたので、大感謝です♪
久々に山にどっぷりと浸かれてリフレッシュできました^^
また山に登りたい!という思いが再燃してきたので、雪が降ったころに登れたらなぁと思います。


by nonoshita


↓ ランキングに参加しています。クリックをお願いします。


にほんブログ村



by saikimokuzai | 2018-12-15 13:23 | 山登りのコト | Comments(0)